MENU
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

Anker(アンカー) Eufy(ユーフィー) RoboVac G30と 30Cを比較

2万円台で買える高性能ロボット掃除機、Anker Eufy RoboVac G30とEufy 30C。

どちらも人気の高いロボット掃除機なので選ぶのに迷いますよね?

本記事では、両モデルをわかりやすく比較し、

あなたにぴったりなロボット掃除機がどちらなのかについて詳しく解説します。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

Eufy RoboVac G30と 30Cの性能比較

Anker Eufy RoboVac G30とEufy 30Cは、

両モデルとも2000Paの吸引力を持つロボット掃除機です。

価格はEufy G30が2万2990円

Eufy 30Cが1万7680円とEufy 30Cの方が5000円ほど安く、ややお手頃な価格設定になっています。

両モデルとも吸引のみの清掃タイプで、ダストケースの容量は600ml。

充電時間は約5時間で、Eufy G30は最長運転時間が約1時間40分、Eufy 30Cは約1時間です。

Eufy G30には「自動充電機能」がありますが、30Cにはありません。

境界線テープはEufy 30Cには付属していますが、Eufy G30は別売りになっています。

またEufy G30は部屋の指定清掃ができません。

Eufy 30Cは部屋を指定して清掃可能です。

サイドブラシはEufy G30が右1箇所、Eufy 30Cが左右2箇所となっています。

保証期間は両モデルとも「18ヶ月」。

るんばどん

アンカーの無料保証は基本、本体交換なのでネット上ではかなり評判いいですよ~

アンカー公式サイトで購入すれば6か月の延長保証が付くのでお得です。

Eufyのダスト容器とフィルターは水洗い可能ですが、高性能フィルターは水洗いできません。

価格とサイドブラシが左右2本など、機能面を重視する方にはEufy 30C、

1時間40分、連続運転可能という性能面と、自動充電するという機能性を求める方にはEufy G30がおすすめです。

Eufy RoboVac G30 vs Eufy 30Cの比較表

Anker Eufy RoboVac G30 (T2250511)とAnker Eufy RoboVac 30C(‎T2118)、この比較表であなたにピッタリの一台を見つけよう。

スクロールできます
項目Eufy G30Eufy 30C
価 格2万2990円1万7680円
吸引力2000Pa2000Pa
掃除タイプ吸引のみ吸引のみ
境界線テープで設定可能 (※別売り)使用不可付属
スケジュール・タイマーEufyHome
アプリ
EufyHome
アプリ
充電時間約5時間約5時間
最長運転時間約1時間40分約1時間
自動充電
ダストケース丸洗い水洗い可能 (高性能フィルター除く)水洗い可能 (高性能フィルター除く)
掃除する部屋の指定
ダスト容器容量600ml600ml
サイドブラシ右1箇所左右2箇所
スマートスピーカー対応
保証期間‎18ヶ月保証(正規代理店購入の場合のみ)‎18ヶ月保証(正規代理店購入の場合のみ)
本体寸法本体:32.5× 7.2 cm本体:32.5x 7.2 cm
高さ7.2 cm7.2 cm

※ダスト容器・プレフィルター・フォームフィルターは水洗い可能です。洗った後は組み立てる前に、完全に乾燥させて使ってください。高性能フィルターは水洗いできませんのでご注意ください。

両モデルの共通点

Anker Eufy G30とEufy 30Cは以下の点において共通しています。

  • 吸引力:2000Pa
  • 充電時間:約5時間
  • 最長運転時間:最大75分
  • ダストケースの丸洗い可
  • ダスト容器の容量
  • 保証期間:18ヶ月(公式サイト購入でプラス6ヶ月延長あり)

まとめ:コスパ最強はどっち?

Anker Eufy RoboVac G30とEufy 30Cは、どちらも優れた吸引力を持つロボット掃除機です。

しかし機能と価格には、いくつかの重要な違いがあります。その点も踏まえて以下で紹介します。

Eufy G30と 30Cの違い【要約】

  • 価格: Eufy G30(2万2990円)>30C(1万7680円)
  • 自動充電機能:Eufy G30のみ
  • 部屋指定清掃:Eufy 30Cのみ
  • サイドブラシ:Eufy G30は右1箇所、30Cには左右2箇所装備
  • 境界線テープ:Eufy G30は別売り、30Cには付属されています

あなたにピッタリなのはどっち?

Eufy G30は基本機能として、自動充電機能が付いているため、バッテリー切れの心配がありません。

Eufy 30Cは、Eufy G30よりも価格が5千円安く、左右にサイドブラシがあり部屋の隅々まで清掃可能です。

Eufy 30Cには「進入禁止エリア」を設定する境界線テープ(2メートル)も付属しています。

自動充電機能やシンプルな操作性で選ぶならEufy G30

境界線テープを使用した清掃範囲のカスタマイズやコスパを重視するならEufy 30Cがおすすめです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次