MENU
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

ARグラス XREAL Air 2とスマートグラス TCL NXTWEAR S+を徹底比較

XREAL Air 2とTCL NXTWEAR S+は、どちらもMicro-OLED ディスプレイを採用した先

進的なウェアラブルデバイスです。

Micro-OLED ディスプレイとは

Micro-OLEDは「1,500〜5,000ppi」の超高解像度迅速な応答速度、明るさ、コントラスト比省エネ性能のバランスに優れたマイクロディスプレイのこと。

本記事では、XREAL Air 2とTCL NXTWEAR S+を徹底比較し、あなたにぴったりのウェアラブルデバイスをご紹介します。

ウェアラブルデバイスとは

頭や腕、手首などに装着するコンピューターデバイスのこと。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

ARグラス XREAL Air 2とTCL NXTWEAR S+の性能比較

ARグラス(XREAL Air 2)とスマートグラス(TCL NXTWEAR S+)は、どちらもMicro-OLED ディスプレイを採用した先進的なウェアラブルデバイスです。

価格面では、XREAL Air 2よりも TCL NXTWEAR S+の方が、3,000円 安くなっています。

視野角はTCLの方が広い49度と優秀で、解像度は両モデルともフルHD(1920×1080)

リフレッシュレートはXREALが120Hz固定、TCLは60Hz/120Hzで調整可能です。

どちらのモデルも対応機器が豊富で、USB Type-C 接続にも対応しているのでとても使い勝手がいいです。

本体重量はTCLが87g、XREALは72gで「10g」軽量になっています。

XREAL Air 2はAR体験に、TCLは視野角の広さと幅広い対応機器に利点を持つARゴーグルです。

レンタルでお手軽に試すというのも手の一つ

手軽にレンタルすると聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんね。

でもちょっと考えてみてください。

必要なものをすぐに手に入れられて、使い終わったら返せばOK。

そんな便利なサービスが「kikito」にはあります。

るんばどん

Kikito(ドコモ運営)でレンタルして購入する前のリスクを下げましょう~

Kikitoのメリット・デメリット

メリットデメリット
使用後の製品買取が選択できる
購入前に製品をじっくり試せる
通常使用の故障は修理費負担ゼロ
格安で最新ガジェットをレンタル可能
レンタル品は主に中古品
dアカウントの取得が必要(ドコモユーザーじゃなくても利用可)
Kikitoのメリット・デメリット

Kikito(キキト)おすすめ理由
  • 最新ガジェットが格安でレンタル可能
  • 気に入ったら買取可能
    • 実際に使ってみて気に入ればそのまま購入OK
  • 往復送料無料
    • kikitoは往復送料すべて無料
  • 購入前にじっくり試せる
  • 原則修理費負担ゼロ
    • 通常使用における故障は専門員が修理、追加の修理費用負担なし!
  • 返送時、クロネコヤマトで集荷OK
実際に我が家へ届いたルンバ

Kikito: 20%割引クーポン

\dポイントがたまる使える!/

初回限定クーポンが使える

XREAL Beamを使用すると、最大330インチの大画面表示が可能になります。

※dアカウントで「ログイン」する必要があります

るんばどん

dアカウントにログインできない時の対処法はこちら

XREAL Air 2 vs TCL NXTWEAR S+の比較表

XREAL Air 2 (X1004G)とTCL NXTWEAR S+、この比較表であなたにピッタリの一台を見つけよう。

スクロールできます
項目XREAL Air 2TCL NXTWEAR S+
価 格5万4980円5万1388円
タイプARグラススマートグラス
ディスプレイタイプMicro-OLEDMicro-OLED
視野角46度49度
搭載センサー3DoF/ジャイロセンサー/近接センサー(額部)3DoF/ジャイロセンサー/近接センサー(額部)
対応機器
Android/iPhone/iPad/Windows/Steam Deck/Nintendo Switch/Mac/PlayStation 5/Xbox
スマートフォン/タブレット/PC/ゲーム機
解像度
フルHD:1920×1080


フルHD:1920×1080
リフレッシュレート120Hz60Hz/120Hz
接続端子
USB Type-C

USB Type-C
本体重量72g87g

両モデルの共通点

XREAL Air 2とXREAL Air 2は以下の点において共通しています。

  • 解像度
  • 接続端子
  • ディスプレイタイプ
  • 搭載センサー

まとめ:あなたにぴったりのウェアラブルデバイスはどっち?

XREAL Air 2とTCL NXTWEAR S+は、どちらもMicro-OLEDディスプレイを搭載した先進的なウェアラブルデバイスです。

Micro-OLED ディスプレイとは

Micro-OLEDは「1,500〜5,000ppi」の超高解像度迅速な応答速度、明るさ、コントラスト比省エネ性能のバランスに優れたマイクロディスプレイのこと。

どちらを選ぶべきか?

XREAL Air 2の特長

  • 120Hzのリフレッシュレートで滑らかな映像
  • 軽量設計で長時間装着しても疲れにくい
  • 没入感の高い映像体験が楽しめる

TCL NXTWEAR S+の特長

  • 49度の広い視野角で臨場感ある映像体験
  • 60Hz/ 120Hzのリフレッシュレート調整
  • 豊富なデバイスと接続可能

没入感あるAR体験を重視するなら、XREAL Air 2が最適です。

120Hzのリフレッシュレートで滑らかな映像を提供し、高い没入感を楽しめます。

またXREAL Air 2は、軽量設計により長時間の装着でも疲れにくいのが特長です。

一方、広い視野角と多様なデバイスとの互換性を求めるならTCL NXTWEAR S+がおすすめです。

視野角 49度の広い視野角で臨場感のある映像を楽しめ、60Hzまたは120Hzのリフレッシュレート調整も可能です。

AR体験に深い没入感を求める方にはXREAL Air 2、

広い視野角と豊富なデバイスとの互換性を重視する方にはTCL NXTWEAR S+がおすすめです。

レンタルで試せばほぼノーリスク!

ドコモ運営のKikito (キキト)では、5万円超の高価なウェアラブルデバイス、XREAL Air 2とTCL NXTWEAR S+のレンタルが可能です。

購入前にリスクなく試せるこのサービスは、ロボット掃除機など、とくに高額商品を検討されている方におすすめです。

kikitoを活用して、あなたに合った製品を見つけましょう。

レンタルでお手軽に試すというのも手の一つ

手軽にレンタルすると聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんね。

でもちょっと考えてみてください。

必要なものをすぐに手に入れられて、使い終わったら返せばOK。

そんな便利なサービスが「kikito」にはあります。

るんばどん

Kikito(ドコモ運営)でレンタルして購入する前のリスクを下げましょう~

Kikitoのメリット・デメリット

メリットデメリット
使用後の製品買取が選択できる
購入前に製品をじっくり試せる
通常使用の故障は修理費負担ゼロ
格安で最新ガジェットをレンタル可能
レンタル品は主に中古品
dアカウントの取得が必要(ドコモユーザーじゃなくても利用可)
Kikitoのメリット・デメリット

Kikito(キキト)おすすめ理由
  • 最新ガジェットが格安でレンタル可能
  • 気に入ったら買取可能
    • 実際に使ってみて気に入ればそのまま購入OK
  • 往復送料無料
    • kikitoは往復送料すべて無料
  • 購入前にじっくり試せる
  • 原則修理費負担ゼロ
    • 通常使用における故障は専門員が修理、追加の修理費用負担なし!
  • 返送時、クロネコヤマトで集荷OK
実際に我が家へ届いたルンバ

Kikito: 20%割引クーポン

\dポイントがたまる使える!/

初回限定クーポンが使える

XREAL Beamを使用すると、最大330インチの大画面表示が可能になります。

※dアカウントで「ログイン」する必要があります

るんばどん

dアカウントにログインできない時の対処法はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次