MENU
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

スイッチボット K10とルンバ i3+を比較!予算6万円以下のロボット掃除機対決

スイッチボット K10+とルンバ i3+、

どちらがあなたの家庭に最適か探るため、吸引力・静音性・機能性について比較しました。

手頃な価格で高性能なスイッチボット K10+は、「世界最小サイズ」と高いマッピング精度で注目を集めています。

ルンバ i3+は生産終了モデルながら、K10+と同じく5万円台で、強力な吸引力が魅力のロボット掃除機です。

この比較があなたのライフスタイルにフィットするロボット掃除機選びの参考になれば幸いです。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

結論:両モデルの性能比較

スイッチボット K10+

  • 自動ごみ収集機能」と「拭き掃除機能」付き
  • おやすみモード」とSilenTech技術で静音性アップ
  • 「進入禁止エリア」などのマッピング精度が高性能

ルンバ i3+(クリーンベース付)

  • 縦長タイプのクリーンベース
  • 髪の毛などが絡みづらいゴム製ブラシ採用
  • 600シリーズよりも10倍強い「パワーリフト吸引

スイッチボット K10+は静かでコスパも良く、夜間やアパート暮らしの方に最適です。

ゴミ収集ステーション拭き掃除機能を備え、価格は5万円台。

ルンバ i3+は吸引力が強く、特化したブラシで壁際のゴミを効率的に集め、

ダートディテクトで集中清掃しますが、作動音は少し気になる程度あります。

コスパ・静音性・利便性を求めるならスイッチボット K10、見た目吸引力で選ぶならルンバ i3+がおすすめです。

るんばどん

ちなみにルンバ i3+は生産終了のため5万円台で購入できるよ~

毎週火曜日は特選アイテムセール!

カートに入れるだけで自動的にクーポンが適用されます

※ほかのクーポン、SwitchBotポイントなどの割引と併用不可。
※タイムセール期間:毎週火曜日0時 ~ 23時59分

スイッチボット K10+とルンバ i3+の性能比較

スイッチボット K10+ (W3011020)とルンバ i3+を比較し、サイズ・吸引力・マッピング性能からあなたにぴったりなロボット掃除機をご紹介します。

外観(サイズ)

スイッチボット K10+は、直径25cm、高さ9.2cmのコンパクトな丸型デザインで、日本の狭い空間にぴったりです。

そのゴミステーションも26cm×21cm×32cmとコンパクト。

ルンバ i3+は本体が直径34cm、高さ9.2cmで、

クリーンベースが奥行き39cm、幅31cm、高さ49cmと大きめのサイズ。

スイッチボットK10+は狭い場所に最適なサイズとハイスペックを兼ね備え、

ルンバ i3+は広いスペース向けの大型サイズのクリーンベース付きのロボット掃除機となります。

吸引力

スイッチボット K10+は2500Paの強力な吸引力で、ビー玉を吸い込むほどのパワーを持ち、家の隅々までしっかり掃除します。

ルンバ i3+は「パワーリフト吸引」という技術で、600シリーズの10倍の吸引力を実現。

壁際のゴミもエッジクリーニングブラシとゴム製ブラシで効率的に集め、清掃します。

また、ゴミの多い箇所を特定し、集中的に掃除できる「ダートディテクトテクノロジー」機能も搭載しています。

両モデルはダストボックスを水洗いでき、スイッチボット K10+はフィルターも水洗い可能です。

マッピング

スイッチボット K10+は、SwitchBotの専用アプリでリアルタイムに掃除状況を確認し、「進入禁止エリア」設定で特定場所を避ける高精度マッピングが可能です。

ルンバ i3+は「Imprintスマートマッピング」で間取りを記憶し、部屋指定での効率的な清掃が可能です。

るんるん 2号

スイッチボットK10+のマッピング精度は完全にルンバ i3を凌駕してるよ!

拭き掃除

スイッチボット K10+は、使い捨てお掃除シートを使用し、拭き掃除機能を備えたロボット掃除機です。

価格も5万円台とコスパに優れ、洗う手間なしでモップの生乾き臭の心配もありません。

ルンバ i3+は吸引清掃のみで拭き掃除機能ができません。

るんばどん

拭き掃除機能があって、5万円台で購入できるロボット掃除機はスイッチボット K10だけ!

スイッチボットK10がおすすめな理由

SwitchBot K10+は、SilenTech技術を採用しているため、とても静かにゴミを吸い上げます。

夜間や音を気にする環境でも、おやすみモードを使えば、家族や近所を気にすることなく使用可能です。

映画鑑賞や在宅ワーク中でも、音に邪魔されずに快適に過ごせるので、吸い上げ音を気にしていた日々から解放されます

アパート住まいの方や、静かな環境で清掃したい方にとってスイッチボットK10はかなりお買い得なロボット掃除機です。

るんばどん

コスパと静音性・使い勝手で選ぶならスイッチボットK10で間違いないよ〜

毎週火曜日は特選アイテムセール!

カートに入れるだけで自動的にクーポンが適用されます

※ほかのクーポン、SwitchBotポイントなどの割引と併用不可。
※タイムセール期間:毎週火曜日0時 ~ 23時59分

スイッチボット K10+:よくある質問

スイッチボット K10+に関する疑問、「よくある質問」についてまとめました。

スイッチボット K10+のサイドブラシの回転速度を変更できますか?

サイドブラシの回転速度の変更はできません

スイッチボット K10+は最大どのくらいの大きさのゴミを吸い込みますか?

最大「落花生の殻」程度のごみが吸引可能です。

スイッチボット K10+の充電ステーションを設置する際に、前後左右および上部にどのくらいスペースを空ける必要がありますか?

充電ステーションの設置には、左右に1メートル前面に1.5メートルのスペースが必要です。上部に制限はありませんが、スペースが不足すると本体の帰還に影響が出ることがあります。また設置エリアに障害物がなく、強い光も避けることが重要です。

複数のフロア(階)で利用する場合、スイッチボット K10+はマップを自動認識できますか?

現在、自動で異なるフロアを識別する機能は搭載されていません。

スイッチボット K10+のバッテリー交換は可能ですか?
  • 購入日から二年間の保証期間中であれば、メーカーが責任をもって電池交換します。
  • 保証期間が切れた場合、有料交換サービスとなります。
  • 自分での交換は推奨されていません。
スイッチボット K10+のダストパックの交換頻度は?

1〜2か月ごとの交換が推奨されています

スイッチボット K10+は何cmの段差を検知したら落下防止センサーが機能しますか?

段差が8cm以上ある場合、落下防止センサーが作動しますが、電子検出のため誤差が生じる可能性があります。とくに二階廊下など高い場所での使用時には、デバイスの落下を避けるために進出禁止エリアバーチャルウォールのアプリ設定が推奨されます。

まとめ:K10+と i3+、あなたに合ったロボット掃除機は?

スイッチボット K10+とルンバ i3+、どちらも魅力的なロボット掃除機ですが、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

スイッチボット K10+静音性コスパに優れ、夜間や静かな環境での使用に最適。

拭き掃除機能もあり、狭いスペースにフィットするデザインが特徴です。

ルンバ i3+強力な吸引力と壁際のゴミもしっかりキャッチするブラシが魅力。

大きめのクリーンベースでゴミ処理も楽々ですが、クリーンベースの吸い上げ音の時間設定が出来ないところが気になるところ。

るんるん 2号

スイッチボットK10はゴミ収集の時間設定も自由自在に設定できるよ!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次