MENU
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

スイッチボット K10+とルンバコンボ j9を比較!コスパと静音性が優れてるのはどっち

スイッチボット K10+とルンバコンボ j9、どちらがあなたの掃除ライフに役立つのか?

本記事では、両モデルの吸引力・静音性・清潔感、そして拭き掃除の性能について徹底比較しました。

Switchbot K10+ と ルンバコンボ j9+の比較表を確認する
スクロールできます
項目スイッチボット
K10+
ルンバコンボ
j9+
補足
特長吸い込み+床拭き吸い込み+床拭き
自動給水機能
マッピング機能どちらもマッピング機能搭載で、効率的な掃除が可能
自動ゴミ収集機能ゴミ捨ての手間が省ける
仮想壁進入禁止エリアなどを設定できる
スケジュール機能曜日や時間帯を指定して掃除できる
充電時間10時間約3時間
集塵容積4L(ごみ収集ステーション)ごみ収集ステーションを使えば、長期間ゴミ捨て不要
サイズ(本体)幅248mm、
高さ92mm
奥行248mm
幅339mm、高さ87mm、奥行339mm
サイズ(基地)幅220mm、
高さ320mm
奥行160mm
幅401mm、高さ415mm、奥行417mm(クリーンベース)
重量(本体)2.3kg4.1kg(バッテリー含む)
その他パッケージサイズ: 353×317×404mm、
パッケージ重量: 8500g
同梱物: ロボット掃除機K10+本体×1、ゴミ収集ステーション×1 など
対応部屋数: 5部屋以上
吸引力: 最大2倍
壁際・角の掃除: ○、規則正しいパターンで清掃 など

世界最小のサイズを誇るスイッチボット K10+は、6万円台の手頃な価格なのに「マッピングの精度」や「掃除の賢さ」が際立っています。

対照的にルンバコンボ j9+は、約20万円というかなり高額なロボット掃除機ですが、「自動給水機能」という優れた機能を保有しています。

本記事を参考にして、あなたのお家と相性のいい優れたロボット掃除機を見つけてください。

あなたの参考になれば幸いです。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

結論:コスパで選ぶならスイッチボットK10

スイッチボット K10+は予算6万円以下で購入可能なロボット掃除機です。

K10+のクリーンベースはとても小さいので、部屋の空きスペースをほとんど取りません。

K10+にはルンバコンボ j9+のような「自動給水機能」はありませんが、コスパは非常に高いロボット掃除機です。

ルンバコンボ j9+は約20万円と、拭き掃除対応のロボット掃除機の中ではかなり高価な部類になります。

コスパを重視し、限られたスペースでの使用を考えるなら、スイッチボット K10+が断然お得です。


スイッチボット K10+ とルンバコンボ j9を徹底比較

スイッチボット K10+ (W3011020)とルンバコンボ j9、どちらがあなたの家にぴったり合うか?

吸引力・静音性・清潔感など、両モデルの特徴を徹底比較しました。

外観

SwitchBot K10+は、白を基調としたシンプルなデザインで、世界最小クラスのサイズを誇ります。

スイッチボット K10+とルンバコンボ j9+

K10+の天面上部にはレーザーセンサーが搭載されています。

設置スペースを取らないため、ワンルームに最適です。

るんるん 2号

軽量で持ち運びやすいので2階にも簡単に運べるよ!

ルンバコンボ j9+は、奥行き40×幅31×高さ34cmのサイズで、家具のような高級感のあるデザインが特徴です。

ルンバコンボ j9+:奥行き40×幅31×高さ34cmのサイズ
ルンバコンボ j9+:奥行き40×幅31×高さ34cmのサイズ

クリーンベースは大型化しているので広めの設置スペースが必要です。

ルンバコンボj9のクリーンベースには、自動給水機能や紙パック、モップパッドを収納できます。

インテリアを重視し、スペースが限られている場所での使用を考えるなら、SwitchBot K10+がおすすめです。

一方、高級感を求め、収納や機能性を重視するならルンバコンボ j9+が適しています。

吸引力

スイッチボット K10+とルンバコンボ j9+を比較した結果、吸引力に大きな違いは見られませんでした。

どちらもコーヒー粉や細かくしたティッシュをしっかり吸い取ることができます。

下の動画は参考動画になります。

スイッチボット K10+には「静音モード」が搭載されている点が特徴です。

夜間やテレビを見ながらでも周りを気にせず使えるほど静かな掃除が可能です。

 K10の通常吸引は「静穏モード」「標準モード」「パワーモード」「MAXモード」の4種類に分けられ、さまざまな掃除ニーズに対応します。

るんばどん

静かで多機能なスイッチボット K10+は、快適な掃除体験を求める方におすすめです

拭き掃除

ルンバコンボ j9+は「通常吸引」と「水拭き掃除」を同時に行え、床の素材を認識して賢く掃除することができます。

強力な吸引力とスマートスクラブ機能を備えており、場所ごとの設定も可能です。

るんばどん

モップをつけっぱなしにすると、臭くなるし不衛生だよ~

スイッチボット K10+はお掃除シートをその都度交換する必要がありますが、これにより清潔さを保てます。

効率と賢さを求める場合、ルンバコンボ j9+の方が適しています。

しかし常に清潔な環境を重視する場合は、スイッチボット K10+の方がよきです。

マッピング

ルンバコンボ j9+は、一度の走行で間取りをマッピングし、最大10パターンのマップを記憶します。

アプリからの細かな「エリア指定」や「清掃モード」の設定が可能で、日々の清掃状況に基づいた最適化提案も行います。

これにより、細かな設定が苦手な方でも、効率的な掃除が容易になります。

スイッチボット K10++の進入禁止エリア機能は、散らかった部屋でも効率的に掃除を可能にします。

最初に散らかっているエリアを進入禁止に設定し、その他の部分を先に清掃します。

その後、掃除済みのエリアに物を移動させて残りを掃除することで、物が多い部屋もキレイに整えられます。

K10+のマッピング機能は非常に正確で、誤って禁止エリアに入る心配がなく、安心して使える点が魅力です。

スイッチボット K10+のマッピングの精度検証


スイッチボットK10がおすすめな人

SwitchBot K10+は「世界最小サイズ」のロボット掃除機で、2階への持ち運びが容易な点が魅力です。

マッピングの精度・掃除の賢さ・アプリの使いやすさで高評価を得ており、自動ゴミ収集ベースを備えながらも価格は6万円台とお手頃です。

ルンバコンボ j9+を含む他の3-in-1ロボット掃除機と比較して、SwitchBot K10+は特にサイズマッピング機能静音性に優れています。

「コスパ」と「静音性」を重視するなら、SwitchBot K10+が断然おすすめです。


まとめ:スイッチボット K10+とルンバコンボ j9を比較

  • スイッチボット K10+:予算6万円以下、世界最小サイズ、静音モード搭載
  • ルンバコンボ j9+:約20万円、高級感あるデザイン、自動給水機能

Switchbot K10+ と ルンバコンボ j9+の比較表
スクロールできます
項目スイッチボット
K10+
ルンバコンボ
j9+
補足
特長吸い込み+床拭き吸い込み+床拭き
自動給水機能
マッピング機能どちらもマッピング機能搭載で、効率的な掃除が可能
自動ゴミ収集機能ゴミ捨ての手間が省ける
仮想壁進入禁止エリアなどを設定できる
スケジュール機能曜日や時間帯を指定して掃除できる
充電時間10時間約3時間
集塵容積4L(ごみ収集ステーション)ごみ収集ステーションを使えば、長期間ゴミ捨て不要
サイズ(本体)幅248mm、高さ92mm、奥行248mm幅339mm、高さ87mm、奥行339mm
サイズ(基地)幅220mm、高さ320mm、奥行160mm幅401mm、高さ415mm、奥行417mm(クリーンベース)
重量(本体)2.3kg4.1kg(バッテリー含む)
その他パッケージサイズ: 353×317×404mm、パッケージ重量: 8500g、同梱物: ロボット掃除機K10+本体×1、ゴミ収集ステーション×1 など対応部屋数: 5部屋以上、吸引力: 最大2倍、壁際・角の掃除: ○、規則正しいパターンで清掃 など

本記事では、スイッチボット K10+とルンバコンボ j9の吸引力・静音性・清潔感・拭き掃除能力について徹底比較しました。

スイッチボット K10+は「世界最小サイズ」を誇り、手頃な価格でマッピングの精度と掃除の賢さが際立ちます。

ルンバコンボ j9+は高機能で、 K10+よりも高級感がありますが価格はかなり高めです。

限られたスペースでの使用や、コスパを重視する方にはスイッチボット K10+がおすすめです。

高級感と自動給水機能などの機能性を求める方には、ルンバコンボ j9+が適しています。

本記事があなたの参考になれば嬉しいです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次