MENU
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

エコバックス DEEBOT N10+とロボロック S7+を徹底比較

Roborock S7+は、技術革新と特に床拭き性能に焦点を当て、

高速モップ振動機能自動ゴミ収集ステーションなどの多機能先進技術を搭載しています。

これに対し、エコバックス DEEBOT N10+はコストパフォーマンスを重視し、

手頃な価格で高品質な清掃能力を提供していることで知られています。

特にコスパを優先する方には、DEEBOT N10+が推奨されます。

これらの情報をもとに各ブランドの特徴を把握し、自分のニーズに最適なロボット掃除機を選んでください。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

エコバックス DEEBOT N10+とロボロック S7+の性能比較

DEEBOT N10+は最大4300Paの強力な吸引力を備え、「自動ゴミ収集ステーション」と「OZMOモップシステム」で、水拭き中の漏れや過剰な濡れを防ぎます。

また、5200mAhの大容量バッテリーで最大300分の長時間稼働と2.5 Lの自動密閉ダストバッグを特徴としています。

Roborock S7+は2500Paの吸引力と、毎分最大3000回の「高速モップ振動機能」で頑固な汚れに対応し、カーペット上でモップを自動で上昇させる機能があります。

水拭きと吸引の両方で使える60日分の紙パック式とサイクロン式の収集ドックを搭載し、最大3時間稼働します。

DEEBOT N10+は「吸引力」と「稼働時間」で、Roborock S7+は「高速モップ振動機能」と「自動モップリフトアップ」でそれぞれ優れています。

エコバックス DEEBOT N10+ vs ロボロック S7+の比較表

DEEBOT N10+(DBX41-12AE)とロボロック S7+(S7P02-04)、この比較表であなたにピッタリの一台を見つけよう。

スクロールできます
項目DEEBOT N10+ロボロック S7+
吸引力4300Pa2500Pa
価 格6万9800円7万5000円
障害物回避機能
HEPAフィルター
吸い込み音65~83 dB
集じん容積0.42 L0.47 L
最長運転時間最大5時間最大3時間
ダストケース丸洗い
フィルター丸洗い
掃除タイプ吸引+水拭き吸引+水拭き
サイドブラシ左右2箇所右1箇所
スマートスピーカー対応Googleアシスタント、Amazon AlexaGoogleアシスタント、Amazon Alexa
本体寸法350x93x350 mm353×96.5×353 mm
高さ9.3cm9.65cm

床拭きを重視するなら「ロボロック S7+」

  • 吸引力:2500Pa
  • 稼働時間:最大3時間
  • 特化機能:毎分最大3000回の高速モップ振動
  • 自動モップリフトアップ:カーペット上で自動上昇

ロボロック S7+は、床拭きに特化した先進機能を搭載しており、特に頑固な汚れに対する高速モップ振動機能が魅力です。

自動でモップを上昇させる機能により、カーペット上でも効率的に使用できます。

2500Paの吸引力高性能な床拭き機能、使い勝手の良さで家を清潔に保ちたい方にロボロック S7+は最適です。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次