MENU
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

ルンバ i2とEufy RoboVac L35 Hybrid+を徹底比較!

ルンバ i2とEufy RoboVac L35 Hybrid+を吸引力・静音性・機能性で比較しました。

Eufy RoboVac L35 Hybridは、約5万円とかなり手頃な価格ながら、強力な吸引力と高いマッピング精度が魅力のロボット掃除機です。

ルンバ i2は「下位モデル」でありながら、ルンバシリーズの中で発売当初からずっと一番人気の機種になります

両モデルとも、それぞれの利点があり、あなたの生活スタイルやニーズに合わせたロボット掃除機選びが大切です。

本記事があなたの参考になれば幸いです。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

ルンバ i2とEufy RoboVac L35 Hybridの性能比較

本記事では「ルンバ i2」と「Eufy RoboVac L35 Hybrid」のサイズ・吸引力・マッピング性能を比較して、どちらのロボット掃除機があなたに最適かを紹介します。

外観(サイズ)

ルンバ i2は直径34cm・高さ9.2cmの丸型デザインで、2cmの段差も乗り越える大きなタイヤが特徴です。

サイドブラシ1つとデュアルアクションブラシ・ダスト容器を備えており、効率的な清掃が可能です。

Eufy L35 Hybridは直径35cm、高さ10cmでルンバ i2より若干大きく設計されています。

サイドブラシは2箇所あり、隅々のゴミまで効果的に掃除できる構造になっています。

ルンバ i2は強力な吸引力と段差対応力に優れ、Eufy L35 Hybridは隅々の清掃能力に長けたロボット掃除機です。

Eufy L35 Hybrid+のゴミステーションのサイズ:幅24.5cm、奥行22cm、高さ39.4cm

るんばどん

Eufy L35 Hybridのサイドブラシが2本付き、だからゴミを隅々までかき出せるよ~

吸引力

ルンバ i2は「AeroForce 3段階クリーニングシステム」を採用し、ルンバ600シリーズよりも10倍の吸引力で微細なゴミを除去します。

Eufy L35 Hybridは約10cmの薄型デザインで、最大3200 Paの強力な吸引力を誇り、カーペットの深部のゴミやペットの毛も取り除きます。

Eufy L35 Hybridは「水拭き機能」も搭載しており、3段階の水量調整が可能です。

静音性

ルンバ i2とEufy L35 Hybridを比較すると、両モデルとも普通の掃除機より静かな吸引音を有しています。

ルンバ i2は比較的静かな吸引音ですが、環境によっては壁や障害物への衝突音や、走行音が目立つことがあります。

Eufy L35 Hybridの「静音モード」はとても静かです。

しかし標準以上の「パワーモード」を使用すると、夜間使用には向かないぐらいうるさいです。

マッピング

ルンバ i2は「Clean Map」機能を通じて清掃範囲をアプリ上にマッピングし、ユーザーの生活習慣を学習して清掃スケジュールを自動で作成します。

また、音声アシスタントとの連携も可能で、使い勝手を向上させています。

Eufy L35 Hybridはレーザーナビゲーションを用いてリアルタイムで障害物を検出し、複雑な間取りでも漏れなく清掃可能です。

また「3フロア分のマップ保存機能」や「部屋ごとの吸引力・水拭き量」のカスタマイズも自由に設定できます。

Eufy L35+は「吸引力」と「マッピング性能」が超優秀

ルンバ i2は吸引力がとても強力なのですが、マッピング機能で「進入禁止エリア」の設定ができないため、散らかった部屋の掃除に向いていません。

吹き出し、どうしても進入禁止エリアが必要な場合は、バーチャルウォールを使用するといいよ!

Eufy RoboVac L35 Hybridは「ゴミ収集ステーション」の有無で価格が異なり、ゴミステーションなしは約5万円、ゴミステーションありは約6万円で購入できます。

Eufy RoboVac L35 Hybridの「吸引力」と「マッピング性能」はかなり優秀で、価格から考えると非常にコスパに優れたロボット掃除機と言えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次