MENU
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

Anker Eufy Clean X8 Proと スイッチボット K10+を比較

忙しい毎日、床掃除をロボット掃除機に任せてみませんか?

Anker Eufy Clean (ユーフィクリーン) X8 Proと スイッチボット K10+を比較と エコバックス N10 PLUSは、どちらも人気のロボット掃除機です。

でもどちらを選べばいいか迷ってしまいますよね?

この記事では、Anker Eufy Clean X8 Proと スイッチボット K10+を徹底比較します。

両モデルの特徴・機能・価格を比較して、床拭きに特化したロボット掃除機についてわかりやすくご紹介します。

目次

Anker Eufy X8 Proスイッチボット K10+の性能比較

項目Eufy Clean
X8 Pro
スイッチボット
K10
最安値
価格
4万4990円
最安値はこちら
4万9800円
最安値はこちら
吸引力4000Pa×2
デュアルタービン
2500Pa
発売日2023年11月1日2023年3月3日
掃除タイプ吸引+水拭き吸引+水拭き
騒音値
(dB)
58dB45dB
(静音モード)
衝突防止
機能
境界線テープで
設定可能 (※別売り)
アプリで設定可能
スケジュール・
タイマー
充電時間5時間30分6時間
最大運転時間3時間2時間
おすすめの
間取り
4部屋以上2~3部屋
自動
充電
ダストケース
丸洗い
水洗い可能水洗い可能
フィルター
丸洗い
水洗い可能水洗い可能
掃除する部屋の
指定
ダスト容器容量335ml150ml
水タンクの容量260mlお掃除シート
本体重量4.0kg2.3kg
サイドブラシ右1箇所右1箇所
スマートスピーカー
対応
Amazon AlexaGoogle
アシスタントSiri
Amazon AlexaGoogle
アシスタントSiri
保証
期間
2年保証
Anker公式
2年保証
(公式サイト)
本体
寸法
本体:幅35 cm×
高さ10 cm
本体:24.8 cm×
9.2 cm
本体
高さ
10 cm9.2 cm
ステーション
寸法
奥行19..5x 幅15.5x
高さ38.4 cm
奥行 21cm×幅 26.1cm
×高さ32.3cm
ステーション
高さ
38.4 cm32.3 cm
項目Eufy Clean
X8 Pro
スイッチボット
K10
Eufy X8 Proスイッチボット K10+の比較

ダスト容器・フィルターは水洗い可能です。洗った後は組み立てる前に必ず乾燥させてから使ってください。

吸引力

項目Eufy Clean
X8 Pro
スイッチボット
K10+
吸引力4000Pa×2
デュアルタービン
2500Pa
掃除タイプ吸引+水拭き吸引+水拭き
お掃除シート

Eufy Clean X8 Proは 4000Paの高い吸引力を誇り、2つのデュアルタービンを搭載しています。

これに対して、スイッチボット K10+は2500Paの吸引力を持っており、一般的な家庭の日常の掃除に十分な能力を持つと言えます。

るんばどん

K10+はEufy X8 Proと比較すると1500Pa以上吸引力で差があります

静音性

項目Eufy Clean
X8 Pro
スイッチボット
K10+
騒音値
(dB)
58dB45dB
(静音モード)
最長運転時間3時間2時間
境界線テープで
設定可能 (※別売り)
アプリで設定可能

スイッチボット K10+の騒音値は45dBで静音性が高く、テレビを見ながらでもほとんど気にならないぐらい静かです。

Eufy Clean X8 Pro「静音・標準モード」では 60dB以下で静かな静穏性を実現していますが、

「最大モード」では騒音値が 64~70dBと少しうるさくなります。

70dBの騒音はとなりの部屋にいれば、それほど気にならないレベルですが、最大モードの使用は外出時に適しています。

るんるん 2号

両モデルとも騒音レベルを考慮し、状況に応じた使い方が大切です。

マッピング機能

項目Eufy Clean
X8 Pro
スイッチボット
K10+
衝突防止
機能
自動
充電

Eufy Clean X8 Proは独自のレーザー・ナビゲーション「iPathレーザーナビゲーション」で、

リアルタイムな掃除状況と障害物認識、マッピングを行うことが可能です。

スイッチボット K10+は高性能レーザーSLAMを搭載し、スマートマッピング機能により清掃カバー率が50%向上しました。

この機能により、細かい弓字型運転が可能となり、テーブル下やイスの脚周りも徹底的に掃除できます。

また進入禁止エリアの設定も行えるため、効率的に掃除を進めることができます。


参考:取り扱いサイトを紹介

この比較表は、掲載時の価格をもとにしているので、現在の価格とは異なることがあります。

表には「公式サイト」「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」の中で最も安い価格を載せています。

項目Eufy Clean
X8 Pro
スイッチボット
K10+
公式サイト4万9990円
(Anker公式)
5万9800円
(swichbot公式)
Amazon
(公式サイト)
4万4990円
製品はこちら
4万5800円
製品はこちら
楽天市場
(公式サイト)
4万9990円
製品はこちら
4万6046円
製品はこちら
Yahoo!ショッピング
(公式サイト)
5万9860円
製品はこちら
5万0109円
製品はこちら
取り扱いサイトの価格比較

Eufy X8 Proスイッチボット K10+だとどっちが良い?

迷ったらここをチェック
  • Eufy X8 Pro4000Paの吸引力と2つのデュアルタービンを搭載、最大運転時間は 3時間でスタミナ充分
  • スイッチボット K10+世界最小サイズで超コンパクト、騒音値は48dBと静音性も高い

両モデルとも吸引と水拭き機能を備えています。

Eufy Clean X8 Proは 4000Paのの吸引力に加え、デュアルタービンを搭載しており、広範囲を効率的に掃除できます。

一方、スイッチボット K10+は4000Paの吸引力に加え、デュアルタービンを搭載しており、広範囲を効率的に掃除できます。

4000Paの高吸引力と広範囲の床拭き掃除を重視するなら Eufy Clean X8 Pro

細かい弓字型運転でテーブル下や、イスの脚周りも徹底的に掃除したい方にはスイッチボット K10+がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次