MENU
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

Ecovacs (エコバックス) DEEBOT T9+と T10 PLUSを徹底比較

ロボット掃除機市場で人気を博すECOVACS(エコバックス) DEEBOTシリーズ。

その中でも、振動式の水拭き機能と高精度のマッピング機能に特化した上位モデル

「DEEBOT T9+」と「T10 PLUS」は、掃除の手間を減らしたいたくさんのユーザーから人気をあつめています。

本記事では、2024年3月10日時点で、DEEBOT T9+と T10 PLUSを比較し、それぞれの機能や特徴、違いなどをわかりやすく紹介します。

るんばどん

あなたの参考になれば幸いです。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

エコバックス T9+と T10 PLUSの性能比較

項目DEEBOT T10 PLUSDEEBOT
T9+
価格13万9800円12万9800円
発売日2022年10月25日2021年6月18日
吸引力3000Pa3000Pa
最大稼働時間4時間2時間55分
見守りカメラ
カーペット自動認識機能
エアフレッシュナー搭載
障害物回避
水タンクの容量200ml180ml
会話可能なロボット掃除機YIKO(イコ)
スマートスピーカー対応Alexa / Google Home/ SiriAlexa / Google Home/ Siri
水拭き機能OZMO Pro 3.0OZMO Pro 2.0
マップ作成機能True Mapping 2.0TrueDetect 2.0
サイズ35.3× 35.3× 10.3 cm35.3× 35.3× 9.4 cm
本体の高さ10.3 cm9.4 cm
ごみステーションサイズ幅36.5× 奥行35× 高さ48.3 cm幅30×奥行40×高さ43 cm
エコバックス T9+と T10 PLUSを比較

エコバックス T9+の取扱説明書T10 PLUSの取扱説明書を参考にして、本記事は構成されています。

サイズ

項目DEEBOT T10 PLUSDEEBOT
T9+
サイズ幅35.3× 高さ10.3 cm幅35.3× 高さ9.4 cm
本体高さ10.3 cm9.4 cm
ステーションサイズ幅36.5× 奥行35× 高さ48.3 cm幅30×奥行40×高さ43 cm

エコバックス T10 PLUSと T9+の本体幅は同じ35.3cmですが、T10 PLUSの高さは10.3cm、T9+は9.4cmと、T10 PLUSの方が少し高く設計されています。

ごみ収集ステーションに関しては、DEEBOT T10 PLUSは幅36.5cm・奥行35cm・高さ48.3cmとなっており、DEEBOT T9+のごみ収集ステーション(幅30cm・奥行40cm・高さ43cm)と比較して、幅と高さが大きく、奥行きが小さいです。

吸引力

項目DEEBOT T10 PLUSDEEBOT
T9+
吸引力3000Pa3000Pa
タイプ吸引+水拭き吸引+水拭き

エコバックスT10 PLUSとT9+は両モデル共に3,000Paの強力な吸引力を持っています。

この高い吸引力により、ペットの毛やホコリ、小さな粒子のごみまで効果的に吸い取ることが可能です。

T10 PLUSは進化した「OZMO PRO 3.0」システムを採用しており、吸引だけでなく振動式の水拭き性能も向上しています。

一方T9+もパワフルな清掃性能を持ち、カーペットの深部に潜んだごみも残さず吸引します。

どちらのモデルも強力な吸引力を活かした念入りな清掃が特長です。

静音性

項目DEEBOT T10 PLUSDEEBOT
T9+
騒音値 (dB)3000Pa3000Pa

エコバックス T9+と T10 PLUSの静音性に大きな差はありません。

エコバックス T9+は約68dBの騒音値で、T10 PLUSは約66dBの騒音値になります。

静音性を重視する場合、微差ですが T10 PLUSが若干優れている点を考慮し、選択することをおすすめします。

水拭き機能

項目DEEBOT T10 PLUSDEEBOT
T9+
水拭き機能OZMO PRO 3.0OZMO Pro 2.0

エコバックスT10 PLUSは「OZMO PRO 3.0」を採用し、3000Paの吸引力と毎分最大600回の振動水拭きで、微細なホコリや床のざらつきを効果的に除去します。

これにより、床のベタつきやザラつきをキレイにすることができます。

一方、T9+では「OZMO Pro 2.0」が採用されており、モップを前後に振動させて床を掃除しますが、T10 PLUSの「OZMO PRO 3.0」に比べて振動の頻度は低く、

その結果、拭き掃除ではエコバックス T10 PLUSが優秀と言えます。

エコバックス T10 PLUSは進化した「振動式床拭き清掃技術」で、より高い清掃効果を提供します。

マッピング機能

項目DEEBOT T10 PLUSDEEBOT
T9+
マッピング技術True Mapping 2.0TrueDetect 2.0

エコバックス T10 PLUSは「True Mapping 2.0」技術で、従来のマッピング技術よりも精密に部屋をマッピングし、最短ルートで効率的に清掃します。

音声アシスタントYIKO(イコ)を搭載し、直接話しかけることで操作可能で、さらに3Dマップと組み合わせて清掃場所を指定できます。

また、「見守り機能」により家族やペットの様子を確認できます。

対照的に T9+は「TrueDetect 2.0」で障害物を高精度に回避し、「TrueMapping」で部屋をマッピングしますが、T10 PLUSほどの進化した機能は備えていません。

T10 PLUSは、より高度なナビゲーション・ユーザーインタラクション・家庭内の見守り機能を提供します。

参考:取り扱いサイトを紹介

この比較表は、掲載時の価格をもとにしているので、現在の価格とは異なることがあります。

表には「公式サイト」「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」の中で最も安い価格を載せています。

項目DEEBOT T9DEEBOT T9+DEEBOT
T10 Plus
公式サイト
(エコバックス公式)
売り切れ売り切れ13万9800円
Amazon
(公式サイトはこちら)
4万1000円6万2820円
(製品はこちら)
※最安値
楽天市場
(公式サイトはこちら)
8万4900円6万6039円
Yahoo!ショッピング
(公式サイトはこちら)
3万9960円
(製品はこちら)
※最安値
50,000

(製品はこちら)
※最安値
6万5555円

購入するなら、DEEBOT T9+をヤフーショッピング、DEEBOT T10 PlusをAmazonで購入するのがかなりお買い得です。

とくにAmazonのエコバックス T10 Plus期間限定の55%オフで販売されています。

るんばどん

Amazonのセールが終わらないうちに早めに検討しましょう。

エコバックス T9+と T10 PLUSだとどっちが良い?

吸引力とタフさを求めるならエコバックス T10 PLUS

エコバックス T10 PLUSは、吸引力と耐久性を重視するユーザーに最適です。

このモデルは3000Paの高い吸引力を誇り、厚いカーペットや床の隅々まで掃除できます。

最大運転時間は4時間、長時間の清掃にも余裕をもって対応可能です。

強力な吸引力と最大稼働時間、振動式の水拭き機能で選ぶならエコバックス T10 PLUSがおすすめです。

基本性能と予算のバランスで選ぶならエコバックス T9+

エコバックス T9+は、T10 PLUSと比較しても価格面、費用対効果で考えるとかなりコスパがいいロボット掃除機です。

エコバックス T10 PLUSと同様に吸引力(3000Pa)、カーペット自動認識、エアフレッシュナー搭載、障害物回避機能を備えているので申し分ない性能を誇ります。

障害物回避や水拭き機能も充実しており、高性能ながらも予算を考慮したい方エコバックス T9+は最適です。

参考リンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次