MENU
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
>>ロボット掃除機で自由時間を増やそう

mouse F4-i7i01OB-Aと K5-I7GM5BK-Aを徹底比較

結婚式ムービーやゲーム実況に挑戦したい方に朗報です。

マウスコンピューターの F4-i7i01OB-AK5-I7GM5BK-Aは、

動画編集やデスクワークで多忙な方の要求に応えるために設計された「ハイスペックノートパソコン」です。

今回比較するパソコンがあれば、外出先のクリエイティブな作業もラクラクこなせます。

本記事では、2024年3月30日時点での両モデルの機能と特徴などを比較し、動画編集やデスクワークにおいてあなたのニーズに合った選択モデルをご紹介します。

本記事の執筆者
るんばどん

目次

F4-i7i01OB-A (101DEC)と K5-I7GM5BK-A (102DEC)の性能比較

F4-i7i01OB-A/ 101DECと K5-I7GM5BK-A/ 102DECを比較し、以下に表にまとめました。

項目F4-i7i01OB-AK5-I7GM5BK-A
型番F4I7I01OBABAW101DEC
K5I7GM5BKABAW102DEC
OSWindows 11 Home
64ビット
Windows 11 Home
64ビット
CPUインテル® 
i7-1260 プロセッサー
AMD Ryzen
i7-12650H プロセッサー
コア数12 コア
(4 P-cores/
8 E-cores)
10 コア
(6 P-cores/
4 E-cores)
スレッド数16スレッド
2.10GHz(P-cores) 1.50GHz(E-cores) / TB時最大4.70GHz(P-cores) 3.40GHz(E-cores) / 18MBスマートキャッシュ
16スレッド
2.30GHz(P-cores) 1.70GHz(E-cores) / TB時最大4.70GHz(P-cores) 3.50GHz(E-cores)
24MBスマートキャッシュ
グラフィックスインテル® Iris®
Xe グラフィックス
DDR4-3200
AMD Radeon™
グラフィックス
メモリ16GB
(8GB×2 / デュアルチャネル)
32GB
(16GB×2/ デュアルチャネル)
最大容量2 (空き× 0) 
最大64GB (32GB× 2)
SO-DIMM
2 (空き× 0) 
最大64GB (32GB× 2)
SO-DIMM
M.2 SSD512GB
(NVMe)
1TB
(NVMe Gen4×4)
画面サイズ14型 液晶パネル
(ノングレア)
フルHD: 1,920×1,080
15.6型 液晶パネル
(ノングレア)
フルHD: 1,920×1,080
サウンドハイデフィニションオーディオ
最大 7.1chのサラウンド音響
ハイデフィニションオーディオ
最大 7.1chのサラウンド音響
インターフェイス右側面: HDMI×1
左側: USB3.1 Type-C×1
右側: Type-A×1
※常時給電に対応
左側: Type-A×1
左側: Type-C×1

※USB PD入出力に対応
※画面出力に対応
右側: Type-C×1

※USB PD入出力に対応
※画面出力に対
背面: Mini DisplayPort×1 / HDMI×1
背面: Type-C×1 / 右側面 Type-C×1
左側面: Type-A×1
※常時給電に対応
左側面: Type-A×1
ネットワーク規格(LAN)右側面: 1000BASE-T/
100BASE-TX/
10BASE-T対応
(RJ-45)×1
左側面: 1000BASE-T/
100BASE-TX/
10BASE-T対応
(RJ-45)×1)
無線Wi-Fi 6対応
( IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n
最大2.4Gbps対応
※連続160MHz帯域
Wi-Fi 6対応機器が必要
)
+ Bluetooth 5 内蔵
Wi-Fi 6対応
( IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 
最大2.4Gbps対応
※連続 160MHz帯域
Wi-Fi 6対応機器が必要 ) + Bluetooth 5
WEBカメラ前面:100万画素
( Windows Hello対応 )
前面:100万画素
( Windows Hello対応 )
キーボード日本語キーボード
(83キー / キーピッチ約19mm /

キーストローク約1.2mm /
 ホワイトLED )
日本語キーボード
(104キー / キーピッチ約19mm /
キーストローク約1.8mm

/ JIS配列)
PC動作時間10時間
(リチウムポリマー(バッテリー内蔵式、着脱不可))
8時間
(リチウムポリマー(バッテリー内蔵式、着脱不可))
サイズ(cm)本体:32.0× 21.5×1.9 cm本体:32× 21.5× 1.9 cm
重量約1.38kg約1.97kg
価格14万9800円
(税込)
15万9800円
(税込)
保証期間3年間
(24h× 365日電話サポート付)
3年間
(24h× 365日電話サポート付)
付属品マニュアル類、保証書、電源コード、ACアダプタマニュアル類、保証書、電源コード、ACアダプタ
F4-i7i01OB-A/ 101DECと B5-A5A01IS-C/ 101DECの比較

F4-i7i01OB-A/ 101DEC (仕様書)と K5-I7GM5BK-A/ 102DEC (仕様書)を参考にして、本記事は構成されています。

サイズ

ちなみに14型ディスプレイは、A4サイズとほぼ同じサイズになります。

サイズF4-i7i01OB-A/ 101DECK5-I7GM5BK-A/ 102DEC
 画面サイズ14型15.6型

F4-i7i01OB-A (101DEC)は14型ディスプレイなのに対し、K5-I7GM5BK-A/ 102DECは、15.6型モデルとなります。

動画編集は長時間画面を見つめて作業を行うので15.6インチサイズがおすすめです。

るんるん 2号

ちなみに14型ディスプレイは、A4サイズとほぼ同じサイズになります。

サイズ横幅 (cm)縦幅 (cm)対角線 (cm)
 A4サイズ29.721.036.4
 14インチ30.917.435.6
 15インチ33.218.738.2
るんばどん

A4判の画面サイズは「14.3インチ」または「14.3型」相当の大きさになります。

CPU

項目F4-i7i01OB-A/ 101DECK5-I7GM5BK-A/ 102DEC
CPUインテル® 
i7-1260 プロセッサー
AMD Ryzen
i7-12650H プロセッサー
コア数12 Cores
(Performance-coresの数: 4
Efficient-coresの数: 8)
10 Cores
(Performance-coresの数: 6
Efficient-coresの数: 4)
スレッド数16スレッド
2.10GHz(P-cores) 1.50GHz(E-cores) /
TB時最大4.70GHz(P-cores) 3.40GHz(E-cores)/
18MBスマートキャッシュ
16スレッド
2.30GHz(P-cores) 1.70GHz(E-cores) /
TB時最大4.70GHz(P-cores) 3.50GHz(E-cores)/
24MBスマートキャッシュ

mouse F4-i7i01OB-AのCPUは、

Core i7-1260 プロセッサーを搭載し、 K5-I7GM5BK-AのCPUは、

AMD Ryzen i7-12650H プロセッサーが装備されています。

インテル® Core i7-1260 プロセッサーの方がコア数は優れていますが、

CPU-Monkeyの「ベンチマーク検査」によると、

マルチタスク処理能力においては「AMD Ryzen i7-12650H プロセッサー」の方が性能が上という結果が出ています。

るんるん 2号

以下のベンチマーク比較を参考にしてください。

出典:CPU-Monkeyのベンチマーク比較


マルチタスクにおいて、Core i7-1260 プロセッサー高い処理能力効率的な電力消費を発揮します。

出典:CPU-Monkeyのベンチマーク比較
出典:CPU-Monkeyのベンチマーク比較
るんるん 2号

ベンチマーク検査によると、マルチタスク使用時に性能差がハッキリと出てくるようですね~


メモリ

項目F4-i7i01OB-A/ 101DECK5-I7GM5BK-A/ 102DEC
 メモリ16GB
(8GB×2 / デュアルチャネル)
32GB
(16GB×2 / デュアルチャネル)
 最大容量2 (空き× 0) 
最大64GB (32GB× 2)
SO-DIMM
2 (空き× 0) 
最大64GB (32GB× 2)
SO-DIMM

メモリはPCの作業効率を左右する重要なパーツです。

F4-i7i01OB-Aは 16GB(デュアルチャネル)を搭載し、動画編集やMicrosoft Officeなどの複雑な作業でもスムーズに操作可能です。

一方、K5-I7GM5BK-A32GB(デュアルチャネル)なので、Adobe After Effects (モーショングラフィックス)などの高負荷のアプリケーションでもサクサク対応できます。

るんばどん

K5-I7GM5BK-A/ 102DECのメモリには空きが1つあるので増設可能です。

デュアルチャネルはデータ処理能力が高く、4K動画編集やマルチタスクなど、メモリを多く使う作業に推奨されています。

結婚式ムービーフルハイビジョンの動画編集であれば 、16GB以上のメモリで十分対応可能です。

るんるん 2号

モーショングラフィックスなど、高負荷なアプリケーションを扱う際は16GB以上のメモリが必須です。

ストレージ

項目F4-i7i01OB-A/ 101DECK5-I7GM5BK-A/ 102DEC
 M.2 SSD512GB
(NVMe)
1TB
(NVMe Gen4×4)
出典:NVMeとSATA接続の比較

両モデルともM.2 SSDなので、従来のSSDよりも20倍以上速い転送速度を実現しています。

これにより動画編集やマルチタスク作業でもサクサク動き、複数アプリケーションのアクセスにもストレスを感じることがなくなります。

高速データ転送を求める方にとって「M.2 SSD」は最高の選択と言えます。

るんばどん

M.2 SSDの容量を大きくしたい場合は、外付けHDDで容量アップすればOK!

解像度

項目内容備考
主流な解像度フルHD(フルハイビジョン)1920 × 1080ピクセル
4K3840 × 2160ピクセル
8K7680 × 4320ピクセル
 4K以上の高解像度負荷が大きくなりバッテリーの耐久性を短くする消費電力も上昇
 ノートパソコンフルHDで十分鮮明解像度が高すぎると、文字が小さくなり、読みにくくなることがある

K5-I7GM5BK-Aは、15.6型のフルHD液晶なので画面が見やすく、使いやすさに長けたノートパソコンです。

るんばどん

F4-i7i01OB-Aは14型なので軽量かつ持ち運びに便利という利点があります。

F4-i7i01OB-AよりもK5-I7GM5BK-Aの方が、600g軽量なので外回りや出張が多い方にとって、K5-I7GM5BK-Aは強い味方となります。

るんるん 2号

F4-i7i01OB-Aは、最大10時間持続するバッテリーがウリです。

移動が多いビジネスパーソンにとって、このバッテリー寿命は大きな利点になります。

参考:取り扱いサイトを紹介

この比較表は、掲載時の価格をもとにしているので、現在の価格とは異なることがあります。

表には「公式サイト」「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」の中で最も安い価格を載せています。

項目F4-i7i01OB-AK5-I7GM5BK-A
公式サイト
(mouse公式)
14万9800円(税込)
(製品はこちら)
13万9800円(税込)
(製品はこちら)
Amazon12万9800円(税込)
(製品はこちら)
11万9800円(税込)
(製品はこちら)
楽天市場13万9800円(税込)
(製品はこちら)

M2 SSD: 256GB 
  12万9800円(税込)
(製品はこちら)
Yahoo!
ショッピング


マウスコンピューターの実店舗情報

マウスコンピューターの実店舗では、PCの実物を直接確認でき、気に入ったらその場で購入して持ち帰ることが可能です。

マウスコンピューター店舗一覧

店舗名住所電話番号
仙台ダイレクトショップ
(店舗サイトはこちら)
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央1-10-1 ヒューモスファイヴ 2階
022-724-7740
秋葉原ダイレクトショップ
(店舗サイトはこちら)
〒101-0021
東京都千代田区外神田1-2-4
03-5209-3474
マウスコンピューター ヨドバシAkiba店〒101-0028
東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkibaビル 1階
03-6206-0253
新宿ダイレクトショップ
(店舗サイトはこちら)
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-13-1 今佐ビル 1階
03-6258-5815
春日部ダイレクトショップ プラス〒344-0062
埼玉県春日部市粕壁東1-21-21
048-760-1600
名古屋ダイレクトショップ
(店舗サイトはこちら)
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-10-35 MultinaBox 1階
052-269-0217
大阪ダイレクトショップ
(店舗サイトはこちら)
〒556-0005
大阪府大阪市浪速区日本橋4-12-2
06-4396-6311
G-Tune : Garage 大阪店
(店舗サイトはこちら)
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-1-15
06-6586-6323
福岡ダイレクトショップ
(店舗サイトはこちら)
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-7-20 ARK TENJIN 1階
092-791-6854


F4-i7i01OB-Aと K5-I7GM5BK-Aはどっちがいい?

F4-i7i01OB-Aは高性能な構成で、パワフルなCPU・12コア・16GBメモリ・512GBの高速M.2 SSDを装備しています。

F4-i7i01OB-Aは動画編集のような要求が高い作業も難なくこなせるため、パフォーマンスを最優先する方にピッタリな「14型ノートパソコン」になります。

一方 K5-I7GM5BK-Aは、10コア・32GBメモリ・1TBのM.2 SSDを搭載しています。

高性能CPU AMD Ryzen i7-12650H プロセッサーと、32GBメモリを備えているため、Adobe Affter Effectsなどの高負荷なアプリケーションでもスムーズに動作します。

4K動画編集などの高負荷アプリケーションによる作業や、マルチタスクをよく行う方にはK5-I7GM5BK-Aがおすすめです。

参考リンク

公式サイト

▶ mouse公式はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットおたくの「るんばどん」です。妻と2人の娘と4人で暮らしています。普通の会社で働きながら、6年以上もルンバを使って、毎日の掃除を楽々こなしています。ロボット掃除機の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

▶本サイト「こみつブログ」では相互リンクや寄稿投稿などを募集しております。
お気軽にお問い合わせからご相談ください。

コメント

コメントする

目次